ホーム > 介護QIとは

介護QIとは

介護QIとは、ケアマネジャーのアセスメントデータを二次活用することで、利用者の改善や悪化の状況を把握し、事業所のサービスの質を評価する取り組みです。このような、アウトカム評価が可能なアセスメント方式は、日本ではインターライ方式(旧MDS2.1<施設>,MDS-HC2.0<在宅>)に限られています。また、インターライ方式は、適切なケアプラン作成に向けて、高齢者の状態を身体的・心理社会的側面から包括的にアセスメントするためのツールとしてケアマネジャーに最も活用されている方式でもあります。したがって、この方式を採用した事業所では、ケアの質の評価と改善のプロセスをひとつのツールで実施できることが最大の利点といえます。

介護QIの評価事業に参加した法人には、他の事業所と比較した成績だけでなく、優先的にケアプランを見直すべき利用者の情報が示されたレポートをお渡しします。「ADLの悪化」や「社会的な孤立」など当該事業所の成績の悪かった領域を確認した上で、悪化のリスク(確率)が低かったにも関わらずADL悪化等の問題が起きてしまった利用者のケアプランを優先的に見直すことで、質の改善サイクルへとつなげていけるでしょう。

レーダーチャート