ホーム > 意識啓発・活動成果の普及 > Diaレポート・活動報告書 > 平成14年度活動報告書(概要) 高齢社会における生きがいに関する調査・研究

平成14年度 活動報告書(概要)

健康問題に関する調査・研究生きがいに関する調査・研究
論文・学会発表・国際交流活動意識啓発・活動成果の普及

高齢社会における生きがいに関する調査・研究

1. 高齢社会における企業と地域社会との関係に関する調査研究 (中津川プロジェクト)

企業と従業員・退職者、企業と地域社会、従業員・退職者と地域社会との関係が強い地域と考えられる地方都市において、これらの三者間の関係を精査し、その関係がどのようなプロセスによって形成、発展、維持されてきたかを解明し検討することにより、高齢社会における一つの望ましい「企業」と「個人」と「地域社会」との関係のあり方を明らかにすることを目的とし実施。

  • 本調査研究は、研究期間が3年の研究で、平成13年度で終了した。
  • 本年度は、3年間の調査結果を学会で発表するとともに、単行本として刊行する原稿執筆に努めた。

2. 都市高齢者の「住」ライフスタイル

  • DAA会員への予備調査(1名へのヒアリング)および3グループへのインタビュー実施
  • シニア向け住宅に関する情報収集(文献、インターネット、および関連企業へのヒアリング)
  • 老後の住まい方およびシニア向け住宅のニーズ調査(「家族サポート」調査に相乗り-2003年3月実施)

3. ダイヤ・アクティブ・エイジング (DAA)

高齢者の自立、生きがいづくりと社会参加、社会貢献を促すため賛助会員会社のOB・現役を会員として平成11年6月に発足させ、当財団が支援。
会員数:280名。

本年度は

  • 実践的研究として、DAA活動を明確化し、会員の地域社会参加、ボランティア活動を推進していくためにDAA活動の目的と方針改訂案の検討を行い、平成15年度より実施予定。
  • グループ間の交流と会員意識高揚のため年3回の交流会を実施した。これらの活動記録として、従来の装丁を一新してDAA叢書「楽しいシニアライフのすすめ4」を編集、4月発行。
  • 「ダイヤかながわ交流会」傘下のNPO法人「暮らしいきいきサポートの会」が、平成14年7月から鎌倉市の外出支援補助事業を開始、また「移送サービスセミナー」を4回(平成14年10月〜平成15年4月)開催した。

4. ダイヤネット

財団の実践活動の一つとして、賛助会員会社のOB・現役がインターネットとパソコン通信を用いて、独自のネットワークを構築し、ITを利用したシニアのライフスタイルを実践すると共に、パソコンを活用した社会参加、社会貢献活動などを実施する。
会員数:103名

  • 全員集会(成果発表会、講演会など)を開催
  • ニフティーのサイトでプライベートフォーラムを運営
  • パソコン講習会の開催と運営(初心者コース、初級コース、中上級コース)
  • 社会貢献活動として特別養護老人ホームにボランティア活動を実施
  • ボランティア活動に関するアンケート調査を実施
  • 三菱歴史探訪会、観音巡りの実施(秩父・武蔵)と観音巡礼紀行のホームページとそのCD-ROMを製作

ダイヤ財団の研究報告書や刊行物について

ダイヤ財団では高齢社会における「健康」「生きがい」等の諸問題について調査・研究活動を学会報告するとともに、主なものを研究報告書として発表しています。また、「ダイヤニュース」や「ダイヤ財団新書」などの財団刊行物をご希望の方は、下記までお問い合わせください。

【お問い合わせ先】

電話番号03-5919-1631受付時間:平日10:00〜16:00