ホーム > 意識啓発・活動成果の普及 > Diaレポート・活動報告書 > 平成20年度活動報告書(概要) 高齢社会における生きがいに関する調査・研究

平成20年度 活動報告書(概要)

健康問題に関する調査・研究経済問題に関する調査・研究
生きがいに関する調査・研究学会発表・交流活動意識啓発・活動成果の普及

高齢社会における生きがいに関する調査・研究

1.生きがい感・生きがい感尺度に関する研究

  • サラリーマン引退者の生きがい感・失職感とライフスタイルの関係について事例研究を行い、平成20年6月開催の第50回日本老年社会科学会大会において報告した。本研究については、引き続き調査・分析を実施している。

2.ダイヤ・アクティブエイジング・アソシエイション(DAA)

  • 「DAA会則」に基づいた会員の親睦・交流や社会参加活動・社会貢献活動等を推進・支援するため、財政面での一般助成・特別助成による支援のほか、DAA事務局として活動を支援するとともに、DAA会員の自主的な活動を推進した。また、2年ぶりに開催したDAA交流会では、DAA会員による自主的な運営を図った。
  • 平成20年度は、DAA運営委員会を通じて会員による新規会員勧誘の動きを起こし、促進を図った。

3.都市近郊における中高年男性の地域参加に関する研究

  • 定年退職後の地域参加のきっかけとして、特に社会関係の周縁部に着目した。
  • 平成20年度は、都市近郊でのフィールドワーク(*1)および外部研究者との研究委員会(*2)開催などを通じ、明確な測定概念のないこれらの関係について概念の整理を行った。

    (*1)東京都杉並区の企業退職者へのインタビューおよび参与観察、すぎなみ地域大学(地域課)での受講生・修了生の追跡、杉並区の認知症予防講座(介護予防課)の運営および修了生の追跡

    (*2)都市高齢者の社会関係周縁部に関する研究委員会(古谷野亘聖学院大学教授、西村昌記東海大学准教授、菅原育子東京大学研究員)

ダイヤ財団の研究報告書や刊行物について

ダイヤ財団では高齢社会における「健康」「生きがい」等の諸問題について調査・研究活動を学会報告するとともに、主なものを研究報告書として発表しています。また、「ダイヤニュース」や「ダイヤ財団新書」などの財団刊行物をご希望の方は、下記までお問い合わせください。

【お問い合わせ先】

電話番号03-5919-1631受付時間:平日10:00〜16:00