ホーム > 意識啓発・活動成果の普及 > Diaレポート・活動報告書 > 調査・研究活動【公益目的事業1】の概要/高齢社会における生きがいに関する調査・研究

調査・研究活動【公益目的事業1】の概要

健康問題に関する調査・研究生きがいに関する調査・研究
国際比較を枠組みとした調査・研究研究成果意識啓発活動
活動成果の普及活動公益財団法人としての基盤強化会議の開催

高齢社会における生きがいに関する調査・研究

(1)生きがい感、生きがい感尺度に関する研究

サラリーマンの就業時から引退生活にかけての生きがい感の変化やその心理的プロセスについて一定の成果を得たので、学会誌への投稿を目指した。
次なる研究テーマとして、高齢期における子供との同居・非同居の選択に関わる心理的問題を取り上げ、高齢者自身の生きがい感や家族感について予備的な調査を行った。

(2)企業退職高齢者を対象にした「いきいき高齢者づくり」のモデル事業

当財団の賛助会員会社出身の退職高齢者の集団「ダイヤ・アクティブエイジング・アソシエイション」(DAA)の親睦・交流活動や地域社会参加・貢献活動等を「いきいき高齢者づくり」のモデルと位置づけ、調査研究を行った。

(3)都市高齢者の社会関係周縁部に関する研究

日常の交流において多くを占める周縁部の関係(親族外の他者)の実態およびそれらの及ぼす影響を調査するため、都市郊外の一般高齢者を対象に参与観察を行った。また、平成19年から継続してきた、古谷野亘教授(聖学院大学)、西村昌記教授(東海大学)、菅原郁子助教(東京大学)との定例研究会の場で、それらを定量的に把握するための調査設計および測定指標の開発を行った。

(4)中高齢者の交流媒体としての電子メールに関する研究

高齢期の社会的孤立防止の観点から、社会関係を取り結ぶ他者たちと交流するための媒体としての電子メールに焦点を当て、その利用実態を明らかにする。本年度は、都市部の中高齢者を対象とした定量調査(平成24年度に実施)の調査設計を行ってきた。具体的には、平成22年からシニア社会学会の高齢期のICT活用チームと連携して行ってきた社会実験を通じ、データ収集を行った。

(5)ICT(情報通信技術)を活用した高齢期の社会活動継続に関する研究

中年期から日常生活においてインターネットを活用してきた人々が高齢化していくなかで、後期高齢期においても活動を継続していくためのICTの可能性について明らかにしていく。日本興亜福祉財団および文部科学省科学研究費を受け、インターネットが一般家庭に普及した頃よりICTを使ってきた後期高齢者(ダイヤネット、IDN会員)39名を対象に、個別インタビューを行った。

ダイヤ財団の研究報告書や刊行物について

ダイヤ財団では高齢社会における「健康」「生きがい」等の諸問題について調査・研究活動を学会報告するとともに、主なものを研究報告書として発表しています。また、「ダイヤニュース」や「ダイヤ財団新書」などの財団刊行物をご希望の方は、下記までお問い合わせください。

【お問い合わせ先】

電話番号03-5919-1631受付時間:平日10:00〜16:00