博士研究員廣岡 佳代(ひろおか かよ)

氏名 廣岡 佳代(ひろおか かよ)
職位 博士研究員
学位/資格 博士(看護学)/看護師・保健師
略歴
  • 東京医科歯科大学大学院 医学系研究科 保健衛生学専攻修了
  • 東京都医学総合研究所 研究員
  • 慶応義塾大学大学院健康マネジメント研究科 特任講師
  • (公財)ダイヤ高齢社会研究財団(博士研究員) 2020年より現職
専門領域 終末期ケア、緩和ケア、在宅ケア
研究テーマ
  • 認知症を持つ高齢がん患者の疼痛緩和
  • 高齢者のアドバンス・ケア・プランニング
  • 看取りの質、終末期ケアの質
  • 心的外傷後成長
業績

【著書/分担執筆】

  • 林直子、鈴木久美、酒井郁子、梅田恵編、成人看護学概論 : 社会に生き世代をつなぐ成人の健康を支える (担当:分担執筆、範囲:喪失と悲嘆を支える):南江堂(2019)
  • 梅田恵、射場典子編、緩和ケア : 尊厳ある生と死,大切な生活をつなぐ技と心(担当:分担執筆、範囲:倦怠感のマネジメント; 諸外国における緩和ケアの体制):南江堂(2018)
  • 田村恵子編、終末期看護 : エンド・オブ・ライフ・ケア (担当:分担執筆, 範囲:ビリーブメントケア) :メヂカルフレンド社(2017)

【論文】

  • Hirooka K, Nakanishi M, Fukahori H, Nishida A. Impact of dementia on quality of death among cancer patients: An observational study of home palliative care users. Geriatr Gerontol Int. 2020 Feb 4. doi: 10.1111/ggi.13860.
  • Hirooka K, Fukahori H, Taku K, Izawa T, Ogawa A. Posttraumatic growth in bereaved family members of patients with cancer: A qualitative analysis. Support Care Cancer. 2019;27(4):1417-1424.
  • Hirooka K, Nakanishi M, Nishida A. Hospital death in dementia patients and regional provision of palliative and end-of-life care: National patient data analysis. Cogent Med. 2018 https://doi.org/10.1080/2331205X.2018.1483097別ウィンドウで開く
  • Nakanishi M, Endo K, Hirooka K, Granvik E, Minthon L, Nägga K, Nishida A. Psychosocial behaviour management programme for home-dwelling people with dementia: A cluster-randomized controlled trial. Int J Geriatr Psychiatry. 2018;33(3):495-503.
  • Hirooka K, Otani H, Morita T, Miura T, Fukahori H, Aoyama M, Kizawa Y, Shima Y, Tsuneto S, Miyashita M. End-of-life experiences of family caregivers of deceased patients with cancer: A nation-wide survey. Psychooncology. 2018;27(1):272-278.

【競争的資金】

  • 科学研究費助成事業若手研究(2018-2021)認知症を持つ高齢がん患者の疼痛緩和に向けたケアモデルの構築
  • 公益財団法人 在宅医療助成 勇美記念財団 (2016)「在宅療養がん患者の看取り期における訪問看護師と介護職の連携の促進要因」
外部機関での
活動
  • 日本緩和医療学会オンラインジャーナル編集委員、日本緩和医療学会 教育・研修委員会 ELNEC-J WPG、日本看護科学学会 研究・学術推進委員会
  • 所属学会: 日本緩和医療学会、日本がん看護学会、日本看護科学学会
関連URL ReaD & Researchmap
https://researchmap.jp/kayo_hirooka別ウィンドウで開く

※上記以外の個人研究業績については、財団の活動に年次でまとめられています。