ホーム > 研究・調査・システム開発(2019年度) > WEBを活用した会員参加型セルフチェックシステム構築に関する研究
2019年度

WEBを活用した会員参加型セルフチェックシステム構築に関する研究

研究者
石橋智昭・中村桃美・森下久美
共同研究者
塚本成美(城西大学)、渡辺修一郎(桜美林大学)、松田文子(大原記念労働科学研究所)
研究期間
2019〜2021年
研究概要

人手不足を背景にシルバー人材センターへの発注は増加傾向にあるが、一方で会員の平均年齢の高まりに伴い健康管理や業務の負担に配慮した管理や就業環境の整備が課題となってきている。

本研究は、シルバー人材センターの会員が自身の健康度や生活状況等に応じて無理のない仕事や仕事以外の活動を選択できる仕組みを提供することを目的とするもので、センター会員がWEB上の「セルフチェックシステム」を通して自身の健康度や生活状況を客観的に把握し、自分に合った仕事を選択することを支援するシステムの構築を目指すものである。

本年度は、昨年度開発した「セルフチェックシステム」のプロトタイプをWEB上で公開し、本事業に対する協力センター(25箇所)に利用してもらい、運用方法を含めた改良点を確認し、システムの改良を行う。

関連する成果

[論文]

  • 中村桃美・石橋智昭:「シルバー人材センターに対する会員の領域別満足度と関連要因の研究」応用老年学,Vol.12-No.1,70-79,2018.
  • 中村桃美・石橋智昭:「生きがい就業における年齢階層別の就業実態;シルバー人材センター7ヶ所への調査から」.応用老年学,11(1),2017.(査読付き)
  • 塚本成美・中村桃美・石橋智昭:シルバー人材センター会員の前職と希望する職種の関係, 老年社会科学, 2016.vol.38-1:57-65・石橋智昭:生きがい就業を支えるシルバー人材センターのシステム,老年社会科学, 2015. Vol.37-1:17-21

[学会]

  • 中村桃美・森下久美・石橋智昭:「シルバー人材センター会員の年齢段階別の退会理由;全国6万人調査の結果から」第77回日本公衆衛生学会総会(2018/10/24-26、福島県)
  • 森下久美・中村桃美・石橋智昭:「高齢者に対する認知症サポーター養成講座の有用性の検討」第77回日本公衆衛生学会総会(2018/10/24-26、福島県)
  • 石橋智昭・中村桃美・森下久美:「シルバー人材センターの75歳以上会員の健康度と働き方」第13回日本応用老年学会大会(2018/10/20-21、東京都)
  • 石橋智昭:「シルバー人材センターにおける就労支援」日本老年社会科学会第60回大会 自主企画フォーラム〔地域包括ケア時代の高齢者就業支援〕(2018/6/9-10、東京都)
  • 石橋智昭・中村桃美・塚本成美:「80歳以降も支え手側に回る高齢者の実態―都内4カ所のシルバー人材センターの会員調査―」日本老年社会科学会第60回大会(2018/6/9-10、東京都)
  • 中村桃美・塚本成美・石橋智昭:「シルバー人材センター会員の加齢と就業 叔枴金からみた就業量の変化―」日本老年社会科学会第60回大会(2018/6/9-10、東京都)
  • 塚本成美・中村桃美・石橋智昭:「シルバー人材センター会員の加齢と就業◆十業した仕事内容の変化―」日本老年社会科学会第60回大会(2018/6/9-10、東京都)
  • 中村桃美・石橋智昭:「シルバー人材センター会員が実感する生きがい就業の効果」.第12回日本応用老年学会大会
  • 中村桃美・石橋智昭:「シルバー人材センターでは会員の健康度に適した就業が分配されているのか」.第76回日本公衆衛生学会大会(2017/11)
  • Momomi Nakamura・Tomoaki Ishibashi・Hisao Osada: Expectation and Reality of New SHRC Member : The Related with Job Matching and Satisfaction. The 21th IAGG World Congress of Gerontology and Geriatrics (2017/7)
  • 中村桃美・石橋智昭・塚本成美:シルバー人材センター会員の大規模実態調査(1)−年齢段階別にみた就業の程度と内容−. 第59回日本老年社会科学会大会(2017/06)
  • 中村桃美・石橋智昭・塚本成美:シルバー人材センター会員の大規模実態調査(2)−生活機能の自立性からみた会員の健康水準−. 第59回日本老年社会科学会大会(2017/06)

[書籍]

  • 石橋智昭:高齢者の社会参加を促す就労支援 社会的孤立予防のためのサービス体制の構築に向けて;第5章生きがい就業を支える社会システム,ミネルヴァ書房(2016/10/25発刊)
  • 中村桃美・石橋智昭:介護予防になる生きがい就業のかたち (藤原佳典・小池高史編著) ジェロントロジー・ライブラリー 高齢者の就業と健康 何歳まで働くべきか,110-132,社会保険出版社(2016)

担当者:石橋 智昭(いしばし ともあき)研究員のご紹介ページへ研究員ブログへ

(公財)ダイヤ高齢社会研究財団 研究部長/主席研究員

担当者:中村 桃美(なかむら ももみ)研究員のご紹介ページへ研究員ブログへ別ウィンドウで開く

(公財)ダイヤ高齢社会研究財団 研究員

担当者:森下 久美(もりした くみ)研究員のご紹介ページへ

(公財)ダイヤ高齢社会研究財団 研究員

ダイヤ財団の研究報告書や刊行物について

ダイヤ財団では高齢社会における「健康」「生きがい」等の諸問題について調査・研究活動を学会報告するとともに、主なものを研究報告書として発表しています。また、「ダイヤニュース」や「ダイヤ財団新書」などの財団刊行物をご希望の方は、下記までお問い合わせください。

【お問い合わせ先】

電話番号03-5919-1631受付時間:平日10時〜16時