ホーム > 研究・調査・システム開発 > 杉並区健康長寿モニター事業

[生きがい]に関する研究及び事業杉並区健康長寿モニター事業

都市部において後期高齢者の占める割合が高まるなかで、在宅の一般後期高齢者の生活習慣や地域とのつながりを明らかにしていくことが求められている。

概要

研究名
杉並区健康長寿モニター事業
目的
本事業では、都市部の80歳の高齢者を対象とする5年間の追跡研究によって、生活習慣や地域とのつながり、環境等が、5年間の生命予後、要介護状態の発生、医療受療、生活習慣・地域とのつながりの変化等に及ぼす影響を明らかにする。
期間
2012〜2017年度
内容
平成24年度に区内在住の80歳住民を対象に、郵送調査と会場調査を行い、生活状況の把握を行った。同時に、承諾の得られた対象について、平成24年から5年間の医療費・介護保険のデータを蓄積し、初年度の郵送調査と会場調査と併合し、健康長寿に寄与する要因を明らかにしていく。
当財団は、共同研究者として調査の企画から分析に関わっている。
対象フィールド
東京都杉並区
従事者・協力者

財団内:澤岡詩野、樋渡泰典

財団外:杉並区役所高齢者施策課、モニター事業運営委員会(甲斐一朗(東京大学)、古谷野亘(聖学院大学)、安藤雄一(国立保健医療科学院)、医師会など)

最近の主な成果

[学会]

  • 「Newly Started Activities of 80-Year-Old Japanese Seniors」(日本の傘寿者が新たに開始した活動)第18回国際社会学会議
  • 「傘寿者の近隣との交流への選好 −杉並区健康長寿モニター事業のアンケート調査から−」第56回日本老年社会科学会
  • 「傘寿者における外出の頻度 −杉並区健康長寿モニター事業のアンケート調査からー」第56回日本老年社会科学会

ダイヤ財団の研究報告書や刊行物について

ダイヤ財団では高齢社会における「健康」「生きがい」等の諸問題について調査・研究活動を学会報告するとともに、主なものを研究報告書として発表しています。また、「ダイヤニュース」や「ダイヤ財団新書」などの財団刊行物をご希望の方は、下記までお問い合わせください。

【お問い合わせ先】

電話番号03-5919-1631受付時間:平日10:00〜16:00