ホーム > 研究・調査・システム開発 > 従業員の意識と企業の対応に関する調査

従業員の意識と企業の対応に関する調査

高齢者雇用の推進により退職時期が高年齢化する中、従業員の退職後の就労に対する意識や完全引退後の生活ビジョンには変化が想定される。企業および従業員を対象にアンケート調査を行ないデータを発表することにより、企業における検討へのサポートとなることを志向する。

概要

研究名
従業員の意識と企業の対応に関する調査
外部助成
なし
期間
2016年度
内容
企業、従業員に対するアンケート調査
  • 企業対象調査:従業員の退職後の生活設計支援等
  • 従業員対象調査:企業退職後の就労意識,引退後の生活ビジョン等
対象フィールド
賛助会員会社(三菱グループ28社)を含む国内企業
従事者・協力者
森、松田

担当者:松田 均(まつだ ひとし)

(公財)ダイヤ高齢社会研究財団 企画調査部

ダイヤ財団の研究報告書や刊行物について

ダイヤ財団では高齢社会における「健康」「生きがい」等の諸問題について調査・研究活動を学会報告するとともに、主なものを研究報告書として発表しています。また、「ダイヤニュース」や「ダイヤ財団新書」などの財団刊行物をご希望の方は、下記までお問い合わせください。

【お問い合わせ先】

電話番号03-5919-1631受付時間:平日10:00〜16:00