ホーム > 研究・調査・システム開発(2017年度) > 介護・生活設計・企業福祉等に関する調査
2017年度

介護・生活設計・企業福祉等に関する調査

研究者
森義博・大坪英二郎
研究概要

介護・生活設計・企業福祉等の分野における生活者および企業の意識や実態について、アンケート調査を実施し、分析・研究結果を広く発信することにより、一般生活者の生活設計、および企業の人事・福利厚生制度検討等の参考に資する。

最近の調査テーマは以下のとおり。

  • 介護に関する調査(2017年度予定)
  • 40代・50代正社員の退職・引退に向けた意識に関する調査(2016〜17年度)
  • 40代・50代未婚者の生活と意識に関する調査(2015〜16年度)
  • 仕事と介護の両立と介護離職に関する調査(2014年度)
  • 超高齢社会における従業員の働き方と企業の対応に関する調査(2012〜13年度)
関連する成果
  • 「40代・50代正社員の退職・引退に向けた意識に関する調査報告書」(2017年7月)
  • 「40代・50代未婚者の生活と意識に関する調査報告書」(2016年7月)
  • 「仕事と介護の両立と介護離職に関する調査報告書」(2015年3月)
  • 「超高齢社会における従業員の働き方と企業の対応に関する調査報告書」(2014年3月)

担当者:大坪英二郎(おおつぼ えいじろう)

(公財)ダイヤ高齢社会研究財団 企画調査部 次長

ダイヤ財団の研究報告書や刊行物について

ダイヤ財団では高齢社会における「健康」「生きがい」等の諸問題について調査・研究活動を学会報告するとともに、主なものを研究報告書として発表しています。また、「ダイヤニュース」や「ダイヤ財団新書」などの財団刊行物をご希望の方は、下記までお問い合わせください。

【お問い合わせ先】

電話番号03-5919-1631受付時間:平日10:00〜16:00