ホーム > 意識啓発・活動成果の普及 > Diaレポート・活動報告書 > 平成18年度活動報告書(概要) 高齢社会における健康問題に関する調査・研究

平成18年度 活動報告書(概要)

健康問題に関する調査・研究経済問題に関する調査・研究
生きがいに関する調査・研究学会発表・交流活動意識啓発・活動成果の普及

高齢社会における健康問題に関する調査・研究

1.介護サービスの質の向上に関する調査・研究(町田プロジェクト)

  1. ケアの適切性に基づいた訪問介護サービスを支援する研究事業(福祉医療機構助成事業<厚生労働省>)
  2. 介護予防サービスの効果検証研究事業(東京都町田市との共同研究事業)
  3. 生活機能の変動と就業の継続に関する研究事業(町田市シルバー人材センターとの共同研究事業)
  4. 訪問介護における管理者研修モデル研究事業−民間企業管理者研修の適用可能性と効果の探索−(厚生労働省老健事業)
  5. 「ホームヘルパー定点調査」分析
  6. 介護予防サービス情報公開事業
  7. ホームヘルパー現任者研修事業(町田市受託事業)
  8. 介護技術チェックシート普及事業

2.高齢期におけるサポートシステムに関する研究

  1. 要支援・要介護高齢者の在宅生活の限界点と家族の役割(厚生労働省・文部科学省助成研究)

3.社会老年学文献データベース(DiaL)の運営事業

  • 第9回更新( 平成19年1月)平成17年7〜12月発行分追加
  • 第10回更新(平成19年3月)平成18年1〜 6月発行分追加

4.有酸素運動を用いた元気高齢者づくりのためのエアロビック研究事業
(本事業の一部は長寿社会開発センターの助成金による)

  1. 高齢社会の要請に応えるため、高齢者向けエアロビック・プログラムを開発し、普及を通じて高齢者の新しい生きがいづくりの場として提供した。
  2. 普及活動はダイヤ財団認定の「ダイヤビック・インストラクター」の組織「ダイヤビックひばり会」が行った(41ヶ所、延べ8千名)。
  3. 普及対象者を健常者から虚弱高齢者および知的障害者層にも拡大した。
  4. ダイヤビック・インストラクターの増員を図った(現在95名)。
  5. ダイヤビックの指導技術向上のため「第3回ダイヤビック研究会」を開催した。また、情報提供として「ダイヤビックニュース」を発行した。
  6. 第65回日本公衆衛生学会総会(平成18年10月、富山市)において、文京区介護予防係と連名で、「エアロビックダンスによる介護予防」と題して、2報のポスター発表を行った。

ダイヤ財団の研究報告書や刊行物について

ダイヤ財団では高齢社会における「健康」「生きがい」等の諸問題について調査・研究活動を学会報告するとともに、主なものを研究報告書として発表しています。また、「ダイヤニュース」や「ダイヤ財団新書」などの財団刊行物をご希望の方は、下記までお問い合わせください。

【お問い合わせ先】

電話番号03-5919-1631受付時間:平日10:00〜16:00