ホーム > ダイヤ財団について > 財団のあゆみ

財団のあゆみ

設立の経緯

1984年、三菱化成株式会社(現、三菱ケミカル株式会社)鈴木永二会長の提唱により、三菱グループの7社が参加し、「ヘルスケアサービス研究会」を立ち上げ、来るべき高齢社会の諸問題について検討(担当者レベル)を始めた。

「ヘルスケアサービス研究会」で種々検討の結果、高齢者サービスの中で、最初の切り口としてホームケア(在宅介護)を取り上げることとし、1986年、三菱グループ各社に働きかけ、参加会社を三菱グループ11社に拡大のうえ、「ホームケア推進協会」(任意団体)を設立した。本協会で、民間企業による在宅介護サービスの事業性について、模索を開始した。数年間のフィージビリティースタディーの結果、介護保険制度の無い中で、民間企業が在宅介護サービスを事業化することは難しいとの結論に達し、「ホームケア推進協会」は解散することとなった。

解散に際し、高齢社会が迫る中、この期間に蓄えた知見、ノウハウ、ネットワークを活かしつつ、高齢社会、高齢者問題全般を調査・研究する機関の設立を、三菱化成株式会社、明治生命保険相互会社(現、明治安田生命保険相互会社)、三菱油化株式会社(現、三菱ケミカル株式会社)の3社が提案会社となり、広く三菱グループ各社に働きかけた。これを受け、1993年、三菱グループ29社で、「財団法人ダイヤ高齢社会研究財団」(初代理事長 鈴木精二 三菱化成株式会社 会長)が設立された。

沿革

前身期

1984年
高齢社会に関する諸問題を検討する「ヘルスケアサービス研究会」設立。 三菱グループから三菱化成、三菱油化、明治生命、三菱商事、三菱レイヨン、 三菱地所、東京海上の7社が参加。
1986年
在宅介護サービスのあり方などを中心にユーザーニーズの把握、介護技術レベル 確保などを研究するため「ホームケア推進協会」を設立。 三菱金曜会の呼びかけによって、更に三菱銀行、三菱信託、三菱電機、キリンビ ールの4社が加わり三菱グループ11社が参加。

草創・拡大期

1993年
ダイヤ財団設立。健康問題の調査研究、地域フィールドの設定、ホームケア 推進協会から引き継いだ在宅介護サービス開始
1994年
生きがい研究としてリサーチモニター制度を発足。
1996年 
町田市に町田研究分室を開設。介護関連の調査研究を本格化。

転換期

1997年
在宅介護サービス提供事業を終了。研究志向としての性格が明確化。
1999年
リサーチモニター制度を改組し「DAA(ダイヤ・アクティブ・エイジング)」を 発足。

発展期〜現在

2000年
町田市と共催で「現任ホームヘルパー技術向上モデル研修会」開催。 町田市において「介護の質の研究」が本格的にスタート。
2002年 
日本初の「社会老年学文献データベースDiaL(ダイヤル)」の無償公開開始。 ホームヘルパーの質の向上に焦点を当てた「訪問介護員の介護技術チェックシー トの開発研究」に着手。
2003年 
「ダイヤビック」の高齢指導者の育成と普及活動を推進。
2004年
「ケアの適切性に基づいた訪問介護サービスを支援する研究」を外部医療機関・ 教育機関の協力を得て開始。
2005年 
「退職後の生きがい感に関する調査研究」を開始。
2006年
「訪問介護における管理者研修モデル事業」「介護予防サービスの効果検証研究 事業」を開始。
2008年
「都市高齢者の社会関係周縁部に関する研究」「保険者における介護予防評価の 効率的運営に関する研究事業」を開始。
2009年
「利用者モニタリングの有効活用に関する研究」 「うつ予防事業による効果の 検証および評価事業」開始。
2010年
「高齢期のコミュニケーションツールとしてのICT活用」「訪問介護における 事故・ヒヤリハットの再発防止を支援するシステムに関する研究」開始。 文京区本郷の本部と町田研究分室を統合し新宿へ移転。 公益財団法人認定取得。