ホーム > 意識啓発・活動成果の普及 > 財団主催シンポジウム

財団主催シンポジウム

これまで開催したシンポジウムなどはこちら

2018年度シンポジウム
国際長寿センター別ウィンドウで開く と共催、「生涯現役の日」制定・普及推進委員会別ウィンドウで開く 関連イベント)

テーマ

高齢化先進国の日本!みんなが主役となって創る地域社会とは
―海外と日本の最新トレンドから高齢者の活躍を考える―

開催日時
2018年11月16日(金) 13時30分〜16時
開催場所
丸の内MY PLAZAホール(明治安田生命ビル4階)
(所在地)〒100-0005 東京都千代田区丸の内2-1-1
(最寄駅)JR東京駅、東京メトロ二重橋前駅
主な
プログラム

【第1部】海外の最新トレンド

講演1: 地域ケアと高齢者の地域貢献に関する海外のトレンド
松岡洋子氏(東京家政大学人文学部准教授)

講演2: 海外事例報告:高齢者はどのように地域を創っているか〔同時通訳付き〕
マリエッケ・ヴァン・デル・ワール氏(オランダ国際長寿センター事務局長)

【第2部】日本の最新トレンド

講演3: 日本における高齢者の地域参加、社会貢献
服部真治氏(医療経済研究機構主任研究員)

講演4: 国内事例報告
①住民自らが創り出すつながりあう場づくり
杉並区荻窪「荻窪家族 百人力サロン」荻窪家族プロジェクト代表 瑠璃川正子氏
②高齢者の主体性を引き出す通いの場づくり
横浜市磯子区 高齢・障害支援課 瀧澤由紀氏

【第3部】パネルディスカッション「みんなが主役となって創る地域社会とは」

パネリスト 全講演者
コーディネーター 澤岡詩野(ダイヤ高齢社会研究財団主任研究員)

※全プログラム同時通訳付き(英語→日本語、日本語→英語)