ダイヤ財団新書 バックナンバー No.1〜10

| 31〜最新号 | 21〜30 | 11〜20 | 1〜10 |

No.10 中高年の生きがいづくり パートII[1998/03発行(95P)]

ダイヤ財団新書
[第一章]基調講演 - 高齢者の生きがいをめぐって -
筑波大学心理学系教授 井上 勝也
[第二章]シンポジウム - 生きがいづくり活動の現場から -
桜美林大学経営政策学部教授 瀬沼 克彰(コーディネーター)
日本産業カウンセラー 隅田 献
シニアライフアドバイザー けんのき道子
余暇生活開発士 鳥居 喜美子
健康生きがいづくりアドバイザー 岡 秀俊

No.9  モニターズ ヴォイス3
高齢社会リサーチモニター制度3年目の投稿・ご意見・体験発表
[1997/11発行(119P)]

ダイヤ財団新書
社会参加・生きがい
地域行政
健康・介護
モニター交流会

No.8  中高年の生きがいづくり[1997/03発行(95P)]

ダイヤ財団新書
[第一章]基調講演 今、会社人から社会人へ- 自分らしくあるために
作家 加藤 仁
[第二章]シンポジウム 中高年の生きがいづくり
宇都宮大学生涯学習教育研究センター 副センター長 瀬沼 克彰(コーディネーター)
モルゲン人材開発研究所所長 澤田 富雄
関東SAL協会会長 高岡 眞佐子
産業カウンセラー 中村 寿美子
東京経営コンサルティング代表 松尾 信也

No.7  モニターズ ヴォイス2
高齢社会リサーチモニター制度2年目の投稿・ご意見
[1996/11発行(111P)]

ダイヤ財団新書
社会参加・生きがい
地域行政
健康・介護
財団へ

No.6  期待されるシルバービジネス パートIII[1996/07発行(95P)]

ダイヤ財団新書
高齢者の心と機械
東京大学名誉教授 東京電機大学教授 齋藤 正男
高齢者の生活と産業 - 人間適合型のものづくり
通商産業省生活産業局企画官[当時] 関 成孝
ウェルフェアテクノハウス - 福祉機器開発と普及
通産省工技院機械技術研究所 主任研究官 池田 喜一

No.5  高齢社会へのテクノロジーの応用[1995/05〜1996/01発行(125P)]

ダイヤ財団新書
高齢社会へのテクノロジーの応用
芝浦工業大学システム工学部 教授 舟久保 熙康
第1章 高齢社会と技術
第2章 ロボット
第3章 材料
第4章 画像解析
第5章 床ずれと皮膚
第6章 センサー
第7章 マイクロマシーン
第8章 医療と技術

No.4  期待されるシルバービジネスパートII[1995/09発行(127P)]

ダイヤ財団新書
機器開発の現状と将来
東京大学工学部教授 土肥 健純
福祉機器開発と普及 - 現状と課題
神奈川県総合リハビリテーション研究・研修所
副所長 熊谷 公明
新商品開発の事例紹介
東陶機器株式会社生活関連事業開発センター
技術主幹 坂本 鐵司

No.3  モニターズ ヴォイス
高齢者社会リサーチモニター制度発足から1年目のご意見
[1995/07発行(95P)]

ダイヤ財団新書
地域情報
介護体験
社会参加
行政施策
企業・シルバービジネス・当財団へ

No.2  期待されるシルバービジネス[1995/05発行(93P)]

ダイヤ財団新書
シルバービジネスの現状と将来
厚生省老人保健福祉局 老人福祉振興課長 河 幹夫
高齢社会へ向けた「もの」づくり
日経BP社 日経ヘルスビジネス編集長 三和 護

No.1  高齢社会に取り組む民間企業の意義と役割[1994/10発行(117P)]

ダイヤ財団新書
加速する高齢化の試練は労働力確保と社会保障
NHK解説委員 行天 良雄
新ゴールドプランの周辺に生まれるシルバー産業
厚生省老人保健福祉局長 横尾 和子
産業動脈と家庭静脈で高齢社会に立ち向かう
三菱化成株式会社相談役 鈴木 永二
高齢社会では競争・共生原理の共存企業が生き残る
東京家政大学 教授 樋口 恵子
心の部分も担う企業のボランティアや社会貢献活動
さわやか福祉推進センター所長 堀田 力

ダイヤ財団の研究報告書や刊行物について

ダイヤ財団では高齢社会における「健康」「生きがい」等の諸問題について調査・研究活動を学会報告するとともに、主なものを研究報告書として発表しています。また、「ダイヤニュース」や「ダイヤ財団新書」などの財団刊行物をご希望の方は、下記までお問い合わせください。

【お問い合わせ先】

電話番号03-5919-1631受付時間:平日10:00〜16:00