ホーム > 研究・調査・システム開発(2022年度) > シルバー人材センターの就業における事故に関する研究事業
2022年度

シルバー人材センターの就業における事故に関する研究事業

研究者
石橋智昭・上原(中村)桃美・森下久美
共同研究者
公益社団法人全国シルバー人材センター事業協会
研究期間
2022年〜2024年度
研究概要

シルバー人材センターでの請負・委任での就業は、労働安全衛生法等の労働関係法令が適用されず、労働者災害補償保険の対象外となり、そのため会員はシルバー人材センター団体傷害保険(以下、シルバー保険)に加入している。シルバー保険が適用された事故件数は、2015年度で4,486件、2020年度で4,645件と微増している。こうした中、市区町村センターでは巡回指導や技能講習会等の安全就業に向けた取り組み強化を進めているが、就業する会員の高齢化の進展も影響して、事故の増加に歯止めがかからない状況にあり、効果的な安全就業体制の構築が急務である。

本研究では、全国シルバー人材センター事業協会との共同研究として、これまで同協会が蓄積した重篤事故報告資料およびシルバー保険適用事故資料を事例単位のデータベースに再編した上で、事故の発生状況を多角的な視点から分析する。

本年度は、加えて、事故状況の報告機能をセンターの業務ソフトに追加する検討を行い、効率的なデータ収集と分析に寄与する方策をまとめる。

関連する成果

[論文]

  • 石橋智昭:「高齢者就労における事故と防止策」老年社会科学,Vol.43(1),74-78,2021.
  • 森下久美・松山玲子・渡辺修一郎・上原(中村)桃美・石橋智昭:「シルバー人材センター における重篤事故の発生状況:10年間の全国データによる検討」労働科学,96(5/6),51-60,2021.
  • 森下久美・渡辺修一郎*・長田久雄:「シルバー人材センター会員における屋外作業時の疲労対処行動:運動機能と認知機能の類型による比較」日本公衆衛生雑誌,68(8),564-571,2021
  • 森下久美、渡辺修一郎、長田久雄:「シルバー人材センター会員における運動機能および認知機能と主観的疲労感の関連;屋外作業における検討」.応用老年学,2020;14(1):31-40

[学会]

  • 森下久美・上原(中村)桃美・石橋智昭:「シルバー人材センターにおける就業のプレフレイル改善効果:2年間の追跡調査」第80回日本公衆衛生学会総会(2021.12 オンライン・会場併用)
  • 森下久美・松山玲子・姉崎猛・上原(中村)桃美・石橋智昭:「シルバー人材センターにおける重篤事故の再発防止策:10年間の報告書の分析から」第16回日本応用老年学会大会(2021.11 オンライン)
  • 森下久美・渡辺修一郎・上原(中村)桃美・石橋智昭:「シルバー人材センター会員における重篤事故の発生状況:2009〜2018年度の全国悉皆データによる検討」日本老年社会科学会第63回大会(2021.6 オンライン)
  • 森下久美・松山玲子・渡辺修一郎・中村桃美・石橋智昭:「シルバー人材センターにおける10年間の重篤事故状況の推移」第15回日本応用老年学会大会(2020/10/2-3、オンライン)
  • 森下久美・渡辺修一郎・長田久雄:「高齢就業者の運動機能・認知機能と就業時の疲労感の関連:シルバー人材センター会員の屋外作業における検討」日本老年社会科学会第62回大会(Vol.42 No.2誌上発表)(2020/6)

担当者:石橋 智昭(いしばし ともあき)研究員のご紹介ページへresearchmapへ別ウィンドウで開く

(公財)ダイヤ高齢社会研究財団 研究部長/主席研究員

担当者:上原 桃美(うえはら ももみ)旧姓中村研究員のご紹介ページへresearchmapへ別ウィンドウで開く

(公財)ダイヤ高齢社会研究財団 博士研究員

担当者:森下 久美(もりした くみ)研究員のご紹介ページへ

(公財)ダイヤ高齢社会研究財団 博士研究員

ダイヤ財団の研究報告書や刊行物について

ダイヤ財団では高齢社会における「健康」「生きがい」等の諸問題について調査・研究活動を学会報告するとともに、主なものを研究報告書として発表しています。また、「ダイヤニュース」や「ダイヤ財団新書」などの財団刊行物をご希望の方は、下記までお問い合わせください。

【お問い合わせ先】

電話番号03-5919-1631受付時間:平日10時30分〜15時30分